牧師はどんなひと?


現在の牧師は、2004年に着任された小泉基(こいずみもとい)牧師です。牧師の家庭に生まれ、「絶対に牧師にだけはならない」と公言していたにもかかわらず、32才になって前言をひるがえして神学校に入学。卒業後、健軍教会につかわされました。
山口県で育ち、京都で大学を卒業したのですが、その後は、学童保育のアルバイトや中学校の非常勤講師などで生計をたてながら、定職にも就かないまま、京都東九条での地域活動や、教派を超えたキリスト教の青年会活動などに取り組み、自由な日々を送っていました。
1996年に京都から東京に移り、神学校に入るまでの5年間は、日本キリスト教協議会(NCC-J)の幹事として働きました。
専門は日本キリスト教史ですが、神学校を卒業してからは、なかなか勉強できないままです。 
趣味は、海岸で拾ってきた流木を使って小物を作ってバザーで販売したり、教会のゴミ箱ケースを作るといった木工を少し。また、文房具屋で新しい文具などを見て回ることも楽しみです。
家族は妻と2人の子どもたち。現在は2人とも九州学院の生徒です。いちどお話ししてみたい、という方は、どうぞ教会までご連絡ください。

なお、これまで健軍教会で牧会されたのは、以下の先生方です。

1948年-  モード・パウラス宣教師  石松量蔵牧師
1953年-  大川鉄次牧師
1954年-  南里卓志牧師
1960年-  杉山昭男牧師
1966年-  石井昇牧師(代務)
1966年-  才木種親牧師
1973年-  岩崎修牧師
1977年-  藤本武牧師
1984年-  古坂生也牧師
1989年-  杉本洋一牧師
1997年-  A.エリス宣教師(代務)
1998年-  藤井邦夫牧師
2004年-  小泉基牧師