キリスト教式の葬儀

キリスト教式の葬儀について

葬儀と前夜式
キリスト教の葬儀は、礼拝形式で行われます。日曜日に行われる礼拝と同じように、賛美歌が歌われ、祈りが捧げられ、聖書が読まれて、牧師が故人のあゆみを念頭においた聖書の解き明かし(説教)を語ります。会葬者には、讃美歌や祈りの言葉などが印刷された式次第が配布されますから、初めての方でも不安なく参列戴けます。なお、西洋のキリスト教国には通夜という習慣はありませんが、日本では日本の風習に従って、「前夜式」と呼ばれる通夜が行われることが一般的です。

御香典とお花料
仏式などで香典と呼ばれる、会葬者のお気持ちは、キリスト教ではお花料という形でご遺族にお渡し致します。大きな文具店やキリスト教書店などで、「お花料」と記されたキリスト教式の封筒が売られていますが、入手しにくい場合には、無地の封筒に「御花料」とお書き下さってもかまいませんし、「御香典」などと記された一般のものをお用いになられても失礼にあたるわけではありません。

焼香と献花
前夜式、葬儀の終わりに、御焼香のかわりに、献花をいたします。健軍教会の場合は、係の者が案内致しますので、2列になって聖壇にお進みいただき、手渡されたお花の、足をむこう側に、頭をこちら側になるように、献花台にお花を捧げます。そして、手を合わせて、故人ではなく神さまにむけて、故人の魂が神さまのみ許で安らかであるように、ご遺族の心が慰められるように、とお祈り致します。

アクセスと駐車場
健軍教会においでになるには、市電の健軍交番前で下車して戴くと便利です。街の方からおいでになりますと、進行方向に向かって右側に白くて大きな礼拝堂を御覧戴くことが出来ますから、お判りいただけることと思います。駐車場がないわけではありませんが、台数に限りがありますので、特別のご事情がおありでない方は、公共の交通機関をご利用下さい。なお、市電の健軍終点の北側にあるミスタードーナツの裏手に、コインパーキングがございます。健軍教会から徒歩5分ほどです。

弔電と花輪
弔電は、葬儀当日の朝までに教会宛にお送り下さいましたら、まとめてご遺族にお渡し致します。葬儀にお花をお出し下さる場合、当教会では、寄贈者のプレートをお花からはずして、お花だけを聖壇にかざり、寄贈者名のプレートは入口ホールに掲示することになりますので、あらかじめご了承ください。