2017年6月23日金曜日

今週の礼拝予定[熊本地区講壇交換]

6/25 聖霊降臨後第3主日礼拝

 熊本地区講壇交換
 
 
健軍教会
 
主日第2礼拝 10:30から
説教:「岩を土台として建てる」長岡立一郎牧師
 
※ 早朝6:30からの主日第1礼拝はお休みです。
 
※ 小泉牧師は、6/24(土)宇土教会 6/25(日)水俣教会 6/26(月)唐津教会でのご奉仕です。

2017年6月20日火曜日

健軍情報117-ライトハウス食堂棟ようやく着工へ

健軍教会の関係施設の中では、
もっとも建物被害の大きかった熊本ライトハウス。
ようやく食堂棟の改築に向けて、
工事が動きはじめた。
一帯は、市内でも被害の大きかったエリアで、
教会からライトハウスまでのわずか歩いて数分の道のりにも
たくさんの解体待ち、解体中、更地、建設中の物件が並んでいる。
廃墟となった解体待ちのアパート 空き地にも家が建っていた
 
一見だいじょうぶと見えた住宅も気づくと解体中
 
この四つ辻も、軒並み建物が消失した。
昨年4月以来、使用不能になって
不便な状況が続いていたライトハウスの食堂棟。
1年を過ぎて、ようやく補助金が出る見通しが立ち
解体工事が始まりました。
近年建替が続いてきたライトハウスの建物の中で
この食堂棟は、すでに最も古い建物になっていた。
思い出の詰まった懐かしい建物が、
またひとつなくなることになるのだが、
月末には、新しい食堂棟の起工式が予定されている。
 
地震の後は、半年以上も、福祉避難所として
地域の中で大切な役割を果たした熊本ライトハウス。
新しい建物とともに、また新しい想い出を紡いでいってほしい。





2017年6月19日月曜日

なりきりルター礼拝

健軍教会は、近隣の甲佐教会、神水教会
松橋教会、水俣教会、八代教会とともに
南熊本群という相互協力のグループに属しています。
6月18日は、毎年1回行われる初夏の集い。
やはり今年はルターを学びましょう、ということで、
おこないました「なりきりルター礼拝」。
よっぱらいをたしなめるルター
ながらくルーテル教会に通っていても、
また、ルーテルとはルターのことである、とは知っていても
意外と知らないルターの生涯。
今回は合同礼拝の中で、ルターの生涯をふりかえりつつ、
大切な局面では、ルター風のベレー帽をかぶって、
ルターになりきって、ルターの言葉を味わいました。
教皇への「忖度」を求めるルターの友人たち
笑いあり、笑いあり、のルターの生涯。
みなさんの迷演技の連続に、
あっというまの1時間半でした。
また、来年・・・という前に
今年は九州教区合同の宗教改革主日礼拝が待っています。
また、秋にお会いしましょう!
みなさんひとつづつ、ルターの言葉のお土産をいただきました




2017年6月18日日曜日

サムエルナイト-ダビデの竪琴を感じて

6月10日~11日、健軍教会恒例の、
子どもたちのお泊まり会、サムエルナイトが行われました。
今年のテーマは「ダビデのたて琴」。
この日、熊本ライトハウスで行われた
池田千鶴子さんによるハープの演奏会を聴きに行き、
本格的なハープの音色を堪能した後、
教会で、小学生はギターもどき、
中高生は琴もどきを作成しました。
捨てずにとっておいた印刷機のインクのボトルと
マスターの芯が役立ってくれました。
 翌日の花の日礼拝には、
広安愛児園の子どもたちも多数参加して
「大人と子どもがともに守る礼拝」。
池田先生にハープを教わっておられる教会員さんが、
礼拝でも本物のハープを披露してくださいました。
お話しはもちろん、ダビデのたて琴。
子どもたちとクイズ大会でコラボしながら、
楽しくダビデの前半生を学びました。
1泊2日のサムエルナイト、
また次回が楽しみです。


 

2017年5月26日金曜日

健軍情報116-宇土さんのポートレート

 災から1年が過ぎた頃、ルーテル教会の被災者支援チームであった「できたしこルーテル」の仲間たちが再び熊本に集まった。熊本での働きを応援してくださった全国の方々に、熊本の今と感謝の思いを伝えるために、フォトムービーを作成しよう、ということになったのだ。みんなで手分けして、チームの働きで出会った方々の写真を撮らせてもらうために熊本を走りまわった。
 その日わたしは、写真を撮らせてもらうために宇土俊作さんを訪問した。宇土さんとの出会いは、昨年4月の17日。熊本で本震のあった翌日のことだ。大江教会の立野先生から、県庁に避難しておられる会員さんが避難先でこの3日間、何も食べていないらしい。先生のところで受け入れてくれないか、と相談があり、九州学院の学生時代からの旧友で、いろいろとお世話をなさっておられた岩﨑國春兄が、健軍教会にお連れくださったのだ。

 くところによると、宇土さんのお父さまは九州学院の教員で、熊本の体育界にその人ありと知られた有名な柔道家だったのだそうだ。なるほど宇土さんも立派な体格をしておられる。けれども、避難所で食糧配給の列に並ぶことが出来なかった、ということからもうかがいしれるように、宇土さんは極端に人付き合いの苦手な方であった。健軍教会避難所にやってこられてからも、食事の時こそみんなといっしょに食卓につきはするものの、終わるとすぐに自分の布団に戻っていかれ、いつも難しい顔をして、ほとんど誰とも会話を交わす様子は見受けられなかった。避難所の初期の頃は、みんな自分のことに必死であったから、そんな宇土さんの様子に気をとめる人も少なかっただろうと思う。
 けれども教会避難所はすぐに解消へとは向かわず、徐々に人数を減らしながら、2週間、1ヶ月と共同生活が続いていくことになったので、宇土さんも少しずつ、避難者さん同士の会話に入ってこられるようになっていった。

 土さんの場合の問題は、水前寺の自宅が全壊したあと、新しく住む場所をなんとかすることであった。なかなか物件の少ない難しい時期ではあったが、知り合いの不動産屋さんを頼って小さなアパートを確保することができ、引っ越しは「できたしこ」のボランティアチームが担った。無事に引っ越しを終えることが出来たのは、5月も終わりが近くなり、避難所解消も目前となっていた頃のことであった。
 この引っ越しのために、一緒に不動産屋をまわったり、生活のための相談をしていく中で、宇土さんは時折、おどろくほどの柔和な表情を見せてくださるようになった。決して口数は多くはないものの、引っ越し先が確定したときには、「これでやっとほっとすることができました」と、肩の荷が下りたような、やわらかい表情をなさったことをよく覚えている。
 また、わたしの息子が九州学院のラグビー部に入部したことを知ると、同じ九学ラグビー部の先輩として、息子の事を気にかけてくださる様子が、そこはかとなく伝わってきた。

 っ越しを終えてからしばらくした頃、新居を訪問した。この時、宇土さんはポツポツと、次のようなことを話してくださった。
 自分は、父親が九学を退職した時分からずっと水前寺の家で暮らしてきた。両親が亡くなった後は妹とふたり暮らしになり、そのあとも長い間、妹とふたりで暮らしてきた。けれど2年前に妹が亡くなってからは独りになってしまい、いろいろなことを思い出しては、ひとりで鬱々とするようになった。気持ちが沈んで、この2年間は、なくなった両親や妹を思い出しては、ずっと沈んだ気持ちですごしてきた。けれども健軍教会での生活は、大勢の人たちとの生活で、ひさしぶりに楽しい思いをすることができたのだ、と。

 震によって家が壊れ、避難生活をしなければならない、というのは辛いことである。その壊れてしまった家が、大好きな両親や妹弟との思い出の詰まった家であるなら、なおさらのことだろう。けれども宇土さんは、避難所の濃密な人間関係の中で、ひととひととがつながる喜びを回復されたようであった。この4月にお訊ねした折にも、ささえりあ(地域包括支援センター)のお世話で、デイケアに通っていることをうれしそうにお話しくださり、とてもおだやかな柔和な表情で、生活が落ちついている、と語られた。そしてそのやさしそうな表情のまま、アパートの自室の前で、フォトムービーのための写真に収まってくださったのだった。その写真に写った宇土さんの手には、「気持ちが落ちつきました。ありがとうございます。」と綴られたメッセージボードが握られている。とてもやさしい笑顔の、宇土さんの数少ないポートレートである。

 のポートレートが、宇土さんの遺影となった。宇土俊作さんは5月24日、脳出血のためにアパートの自室で倒れて帰らぬ人となり、葬儀は5月26日に大江教会で行われた。やさしい表情の宇土さんの写真は、この大江教会の祭壇に飾られた。
 見方によれば宇土さんの死は、地震によってみなし仮設でひとり暮らしをすることになった高齢者の「震災孤独死」である。でも、わたしはそのように一括りにはしたくない。宇土さんは、確かに人付き合いが苦手な方ではあったが、もはや孤独ではなかったことが、この写真の温顔からうかがいしれるからだ。
 実は先日、宇土さんをケアするささえりあの担当者から電話があった。宇土さんが利用したいと希望しておらる、緊急通報システムという福祉サービスの協力員としてお手伝いいただきたい、との依頼の連絡の電話であった。もちろん承諾して書類を送ったが、残念ながら今回は、利用をはじめたばかりの緊急通報システムは、宇土さんの命を救うためには役に立たなかったようだ。けれども、たとえ不器用そうであった宇土さんが、その緊急システムを上手く扱えなかったのだとしても、宇土さんが孤独を抜け出て、ひととひととのつながりに中を生きていたのであれば、これは「孤独死」ではない。
 大好きであったご家族と、思い出の中だけではない再会を果たされた宇土さんが、いまもあの温和な表情のままで神さまのもとにおられることを、わたしは、確かに信じることが出来るのだ。

2017年5月25日木曜日

ピアノと五弦コントラバス

3.11震災復興継続支援チャリティーコンサート
として開催される「ピアノと五弦コントラバス」の演奏会。
奏者は、「旅の音楽家」重松壮一郎さんと
「チェルノブイリの祈り」でもおなじみの松本洋一さん。
健軍ルーテル教会で、
今週土曜日の公演です。どうぞ、おでかけを。
入場無料
問い合わせはチラシの申込先まで



2017年5月23日火曜日

デュオ・ピアチェ&藤本史子

さあ、今月も第4水曜日がやってきます。
今月のけんぐん水よう音楽会は、
黒葛原康子さんと黒木奈津美さんのすてきなバイオリンデュオに
ピアニストの藤本史子さんがくわわってのコンサート。
ヘンデル、ビゼー、ピアソラ、と、
とっても楽しみな1時間。
みなさん、お知りあいとお誘い合わせのうえ
お気軽にお越し下さいませ。
午後7時半から。
 
(復興支援カンパあり)


2017年5月12日金曜日

健軍情報115-こころのハーフタイム

 ちょっとめずらしいお仕事で、
辛島町にあるFM791 熊本シティーエフエムまで行ってきました。
世界宗教者平和会議(WCPP)と新宗連が提供する
熊本復興支援番組「こころのハーフタイム」の収録です。
WCRPの有路さんにリードして頂きながら、
健軍教会の避難所の取り組みについて、
20分程の時間で報告させて頂きました。
また番組では、曲を1曲かけることになっている、ということでしたので、
復興チャリティーCD-DVD「熊本LOVE」に収録された、
大林由紀さんのオリジナル曲「復光」をお願いしました。
スタジオでのラジオ収録などはじめての経験で、
ちょっとおはずかしい感じでしたが、
明日13日の午前10時から
熊本地域79.1Mhz等でのオンエア予定だそうです。
(再放送:17日15時から)


2017年4月28日金曜日

岩永知樹チェロリサイタル

岩永知樹さんは、在京のオーケストラの客演首席奏者や
ソリスト、アンサンブルでも活躍なさっておられる
神水教会にゆかりのあるチェロ奏者で
各地でチャリティーコンサートを催されたり、
日本福音ルーテル教会シリーズと題して、
熊本のルーテル教会でも演奏活動を続けておられます。
この週末は、水よう音楽会でもファンの多い藤本史子さんを伴奏者に迎え、
はじめての健軍教会でのリサイタル。
健軍教会のひびきわたる礼拝堂で、
どんなリサイタルになるのか楽しみです。
チケットは096-344-9589までお問い合わせを。

2017年4月25日火曜日

福嶋由紀&藤本史子

若葉の季節。
そろそろ素敵なソプラノを楽しみたくありませんか? 
明日、「春のおくりもの」を受け取りにおいでください!
みなさん、明日の午後7時半、
けんぐん水よう音楽会です。

 

2017年4月20日木曜日

健軍情報114-宗教者の祈り

19日、世界宗教者平和会議(WCRP)主催の
熊本地震の追悼と鎮魂ならびに復興合同祈願式に
出席してお祈りしてきました。

主よ、わたしの祈りを聞いてください。
 この叫びがあなたに届きますように。
 苦難がわたしを襲う日に、御顔を隠すことなく、御耳を向け、
 あなたを呼ぶとき、急いで答えてください。
詩編102:2-3

仏教各派 イスラーム 新宗教等の方々がお祈りなさいました
私たちに命を与え、その命を育くんで下さる全能の神さま。
1年前に発生した熊本地震を覚え、
この地震に関係して天に召されたすべての方々覚えます。
どうかこの方々が、あなたのみ許にあって
安らかに憩うことが出来ますように。
また、愛する家族を失った悲しみの中におられる方々の心が、
あなたのゆたかな慰めによって、癒やされますように。
会場となった金光教木山教会長さんによる被災時のお話し
神さま、震災の発生から、既に1年が過ぎゆきましたが、
今なお多くの困難と、さまざまな痛みの中に居る方々がおられます。
家屋、農地、仕事、家財、仲間、
地域との結びつき、将来の計画、平安な生活・・・。
多くのものを失ってしまった痛みのなかにあり、
希望を失っておられる方々を、あなたの希望と平安で満たして下さい。

祈祷会に先立って行われた被災地域の案内
 
神さま、こうした困難な中にあっても、
あなたは、多くの人々との絆と、支援のつながりによって、
苦しむ者たちに力を与えて下さいます。
どうか、被災地で生きる人々に、優しさと勇気を与え、
あなたか与えて下さった、人々が助けあっていく心、
ともに生きていこうとする力を、この熊本でゆたかなにはぐくみ、
大きく花ひらかせて下さいますように。
社殿が倒壊した木山神社の権禰宜の矢田さんのお話し
神さま、いま、こうして、さまざまな信仰を持つ者たちが、
それぞれの思いを重ね、祈りを捧げています。
どうか、み心ならば、この祈りを祝福し、
わたしたちの言葉にならない思いも含めて、
わたしたちの祈りを聞き届けて下さいますように。
 
主、イエス・キリストによって祈ります。
アーメン



お二方が天に召されたという会場近くの空き地には花が献げられていた

2017年4月17日月曜日

健軍情報113-盛況でした。チャリティーコンサート

本震のあった夜、4月15日18時から行われた
「明日に届け 希望の響き」と題したチャリティーコンサート。
179名という教会一杯のお客さんにおいでいただき、
盛況のうちに開催されました。
健軍教会からは、がんばりました、へなちょこ聖歌隊!
曲の良さと編曲の良さに助けられ、
なんとかオープニングを飾りました。
続いて歌好き酒飲み集団
アンサンブル「こおろぎ」。
すてきなミサ曲を披露して下さいました。
震災1年を覚えるこのコンサートでは、
避難所運営などにも取り組んだ健軍教会の取り組みも
報告させていただきましたが、
冒頭では、熊本地震でなくなられた217名の方々を覚えて
黙祷がささげられました。

休憩の後の後半は、
箏の角田ちひろさん
クラシックギターの山下紅弓さん
チェロの佐藤響さん
バイオリンの木村正貴さん
いずれも若手の実力者ばかり。
おひとりおひとりの情熱と祈りのこもった演奏に
おおきな勇気をいただいたコンサートでした。
 コンサートの最後には、出演者全員で
祈りを込めてアヴェヴェルムコルプスを演奏しました。
今回のコンサートでいただいたカンパ、
約15万弱は、健軍教会が取り組んでいる
被災学生生徒奨学金の原資として用いられます。
 
ご参加、ご支援いただいたみなさま、
どうもありがとうございました。
 
 
 


2017年4月15日土曜日

健軍情報112-奨学金とチャリティーコンサート

健軍教会は、この度の地震で被災し、
困難な中にある中高生・大学生・専門学校生に、
被災学生・生徒奨学金を支給する事業に取り組んでいます。
 
この奨学資金の原資のために、本日4月15日午後6時より、
健軍教会においてチャリティーコンサートを開催いたします。
入場無料。カンパ制です。
また演奏の合間に、健軍教会の被災者支援についての報告があります。
 出演は、主催する健軍教会の聖歌隊と、
共同主催のアンサンブル「こおろぎ」。
それに、熊本にゆかりのある4名の若手弦楽奏者。
それぞれ、演奏力は折り紙つき。
箏 角田ちひろ  ギター 山下紅弓
   チェロ 佐藤響  バイオリン 木村正貴
聖歌隊はともかくとして、
その他は、とても演奏が楽しみな出演者の方々です。
ぜひご参加下さり、ともに音楽から力をいただき、
奨学金事業にご協力下さいますよう
ご案内申し上げます。

2017年4月13日木曜日

聖木曜日と聖金曜日の礼拝

今夜は、聖木曜日洗足礼拝でした。
洗足式と、聖餐式が行われました。
明日は、19時半から聖金曜日の礼拝。
これに先だって18時から国際礼拝の受苦日礼拝が行われます。
明後日のチャリティーコンサートは、
18時からの予定です。

 

2017年4月11日火曜日

健軍情報111-発行「あの時わたしは・・・」

完成しました。
そして間に合いました。
「あの時わたしは・・・ 熊本地震と健軍ルーテル教会」
 
教会総会での教会員さん方の
「つくりましょう!」「1年に間に合わせましょう!」
という声を受けて1月29日に発行を決議。
2月5日に原稿依頼文書を配布・発送。2月26日原稿締切。
3週間で50本を越える原稿が集まり、編集作業へ。
元印刷会社勤務のフリーのデザイナーさんと
1ヶ月間、通常業務をこなしつつ集中的に作業をすすめ
3月28日に完全版下状態で印刷屋に入稿。
これで無事に4月8日納品予定。
データの一部欠落のため、納品が1日延びる、
というハプニングがありましたが、
4月9日の朝イチの納品で、震災1年の記念礼拝に
すべりこみで間に合わせることが出来ました。

内容は、健軍教会の被災と取り組みの報告
関係4施設の被災と取り組みの報告
避難者さんの原稿10本
教会員さんらの原稿40本
それに、このブログ「健軍情報1~105」からの抜粋28本など
B5版 フルカラー 128頁。

作成費用として、ディアコニアの働きに思いの深かった
松隈貞雄先生のご家族からの献金を用いさせていただきました。
たくさん刷りましたので、希望者にお頒けいたします。
健軍教会に取りに来ていただくか、あるいは
エクスパックライト又はB5版が入る封筒に400円切手を貼り
送付先の住所をご記入の上、健軍教会までお送り下さい。

ご支援下さったみなさまへの感謝をこめて。


2017年4月10日月曜日

健軍情報110-地震からの1年を覚える

昨日は、熊本地震からの1年を覚えて、
健軍教会避難所で生活して居られた方とともに、
音楽礼拝を行いました。
ともに健軍教会避難所の避難者だった、
蓑田駿介さんと大山桂司さんが、ギターで歌ってくださいました。
蓑田駿介さんの「祈り」、大山桂司さんの「被災地を忘れないで」、
それぞれとても印象的な曲であり、また歌声でした。
また、「オハイエくまもと」がチャリティーのために製作された
DVD「くまもとLOVE」収録の、大林由紀さんの「復光」を、
みなさんに聴いていただきました。
礼拝後、オハイエとっておきの音楽祭の実行委員長
入部祥子さんのアピールもあり、なごやかなひとときでした。
ひとつの礼拝で、2回の説教をする、という
めずらしい形の礼拝でもありました。
この日は、震災当時そうであったように、
礼拝後にみんなでカップラーメンを食べて、
当時の写真を見ながら、想い出を語りました。
失ったひとやものを慈しみ、悲しむべきことをしっかり悲しみ
そしてそこからまた、祈りとともに
前に向かってあゆんでいきたいと思います。
大林由紀さんの「復光」と、
大山桂司さんの「がんばれ田中さん」も
収録されたチャリティーCDとDVD2枚セットの
「くまもとLOVE」は、1000円
教会でもお預かりしています。

なお、今週の土曜日15日は18時から
健軍教会でのチャリティーコンサート。
こちらにも、ぜひお出かけ下さい。



 
 


2017年4月7日金曜日

龍野姉妹デュオリサイタル

今夜は、熊本の若手バイオリン・チェロ奏者、
龍野姉妹のデュオリサイタルが、健軍教会で行われます。
龍野マリエさんには、けんぐん水よう音楽会にも
ご出演頂いたことがあるのですが、
今回は妹さんの、しずくさんとのデュオリサイタル。
実力者のお二人ですから、演奏が楽しみです。
4月7日(金)19時から。
チケットは、主催者にお問い合わせを。

2017年4月5日水曜日

健軍情報109-震災1年を覚えて

健軍教会が避難所運営に大わらわであった昨年5月、
ある大手マスコミから連絡があった。
「震災の1ヶ月を記念する集まりを、
健軍教会では計画しておられますか?」との問合せ。
 
マスコミ人としての気持ちはわからないではなかったが、
避難者さんたちを目の前に、
状況と格闘する毎日であったので、正直腹が立った。
 
あれから11ヶ月。
健軍にあってすら、震災は
過去の出来事になろうとしているかのように見える。
しかし、ほんとうはそのように見える、というだけだ。
震災の故に、思いに任せない隘路に
はまり込んでしまっている方々が、大勢おられる。

その方々の心の内が見えないだけだ。
 
あちこちで工事が進み、
傷んだビルが取り壊されて更地になっていく。
あちこち空き地が増えるばかりなので、
これが復興の槌音とは感じられない。
でも、これも長いプロセスの一過程であることは
確かなことなのだろう。
 
今度の日曜日、4月9日。
キリスト教ではキリストの受難を覚える主日とされている。
わたしたちは、震災からの1年を覚える礼拝をもつ。
これだけの困難さに直面させられて、それでも、
だからこそ与えられた神さまからの恵みがあった。
そのことを覚えて、感謝の時を共有したい。
 
そして、いまなお困難な中にある方々に思いをよせ、
おひとりおひとりの復興を祈るひとときとしたい。
 
礼拝の中では、3人の若い方々に歌を歌っていただく予定。
 
1人目は、大林由紀さん。
毎年3月に開催されるオハイエ熊本をはじめ、
病院や美術館など、あちこちでピアノの弾き語りで歌ってこられた。
歌を通して教会と出会い、6年前に受洗。
地震の時には湖東中で避難生活をなさり、
そうしたご自身の経験をもとに
「復光」という復興ソングを作詞作曲なさっておられる。
2人目は蓑田駿介さん。
教会員の息子さんで、昼は教会近隣の人気パン屋でアルバイト、
夜は保育士資格の取得を目指して専門学校に通いながら、
ライブハウスでの演奏など、音楽活動を続けてこられた。
地震の時には、自宅が被害に遭い、
健軍教会避難所で避難生活を続けられた。
3人目は大山桂司さん。
地震の前にも何度か礼拝においでになったことがあり、
地震の時はご家族で教会に避難。
現在、イースターの洗礼式に向けて受洗準備中。
健軍商店街などのストリートでも歌いつつ、
現在は「ささえあいの御船」という事業所に属して
音楽活動に取り組んでおられる。
こうした教会につながる若い歌い手さん方のご奉仕により、
礼拝を通して、復興に向けた元気をいただいていきたい。
どなたでも御参加いただけます。ぜひお出かけください。
4月9日(日)10時30分~
於:健軍ルーテル教会
 
礼拝後は、「あの頃」を思い出して、
みんなでカップラーメンを頂きます!
(笑)