2017年8月21日月曜日

健軍教会 8月27日の礼拝

8月27日の礼拝
 
小泉牧師による礼拝
 
主日第1礼拝 6:30~ 「それは他の人に」小泉基牧師
主日第2礼拝 10:30~ 「それは他の人に」小泉基牧師
 
いずれも健軍教会にて
 
誰でも参加できます。
 
ルーテル学院・九州学院・九州ルーテル学院大の学生さん 歓迎です。

礼拝Q&A
https://kengunlutheranchurch.blogspot.jp/p/blog-page_2729.html

2017年8月14日月曜日

健軍教会 8月20日の礼拝

8月20日の礼拝
 
小泉牧師による礼拝
 
主日第1礼拝 6:30~ 「本当にたいせつなもの」小泉基牧師
主日第2礼拝 10:30~ 「本当にたいせつなもの」小泉基牧師
 
いずれも健軍教会にて
 
誰でも参加できます。
 
ルーテル学院・九州学院・九州ルーテル学院大の学生さん 歓迎です。

礼拝Q&A
https://kengunlutheranchurch.blogspot.jp/p/blog-page_2729.html

2017年8月9日水曜日

健軍教会 8月13日の礼拝

8月13日の礼拝
 
小副川九州学院チャプレンによる礼拝
 
主日第1礼拝 6:30~ 8/13はお休みです
主日第2礼拝 10:30~ 「善悪を越える」小副川幸孝牧師
 
誰でも参加できます。
ルーテル学院・九州学院・九州ルーテル学院大の学生さん 歓迎です。

礼拝Q&A
https://kengunlutheranchurch.blogspot.jp/p/blog-page_2729.html

2017年8月4日金曜日

健軍教会 8月6日の礼拝

8月6日の礼拝
 
信徒証言礼拝
 
主日第1礼拝 6:30~ 8/6と8/13はお休みです
主日第2礼拝 10:30~ 「赦しの絶対の神」 中林良栄兄
 
誰でも参加できます。
ルーテル学院・九州学院・九州ルーテル学院大の学生さん 歓迎です。

礼拝Q&A
https://kengunlutheranchurch.blogspot.jp/p/blog-page_2729.html

2017年7月29日土曜日

健軍情報119-九州北部豪雨被災地訪問

九州キリスト災害支援センター日田ベース訪問報告

 7月28日(金)に、北部九州豪雨の被災地となった
朝倉市・日田市を訪問してきました。
この訪問は、7月18日の教区常議員会で、
今回の豪雨被害の被災者のために
募金を呼びかけることとしたことを受けたもの。
その献げ先として想定した、九州キリスト災害支援センター(九キ災)は、
熊本地震の後に設立され、活躍してこられた団体で、
今回もいち早く拠点を整備して
ボランティア活動をスタートなさったため、
ご挨拶を兼ねて日田市に開設された
ボランティアセンター(日田ベース)を訪問したのです。

 当日朝、担当者にお電話をして相談したところ、
同日現在、現地で必要となさっておられるのは
高圧洗浄機であるとのことでしたので、
水道に繋がなくても使用できるタンク式の高圧洗浄機2台と、
同日までに集まった教区からの募金を持参しました。
(汗も流さず訪問だけですみません)
日田ベースで対応して下さったのは、
ボランティアコーディネーターとして奉仕しておられる戸田潤さん。
兵庫県出身で阪神淡路大震災を経験したことから、
東北、熊本でも現地に入って
支援活動に取り組んでこられた経験をお持ちです。
本職は音響のエンジニアということで、
7月20日に健軍教会で行われた
Migiwaさんによるチャリティーコンサートでも
音響スタッフとして活躍して下さった方でしたので、
日田での再会を嬉しく思いました。
 
 さて、被災地域は、朝倉市・東峰村・日田市等の
河川流域に点在しています。
現在九キ災が取り組んでいる浜川地区は、
朝倉市の杷木I.C.のすぐ近く。
今日は、韓国からボランティアのグループが入っているということで、
いつもより多めの合計30人が4軒のお宅で
泥かきなどの作業に取り組まれたとのことでした。
現地を案内して下さったのは日田福音キリスト教会の竹崎牧師。
5年前の豪雨災害の折には何も出来なかった、という思いから、
今回は現地ディレクターとして汗を流しておられます。
 浜川地区では、この火曜日に
幹線道路の復旧作業が終わって
自衛隊が撤退したとのことですが、
いまだ警察の方々による行方不明者の捜索が続いており、
個人宅の復旧作業はまだまだこれからです。

道路脇にくしゃくしゃになった軽自動車が横転していたり、
田んぼだった場所に、背丈をはるかに超える土砂や流木が積み上がっていたり、
被災したエリアはすべてがカーキ色に染まっていて、
被災していない場所とのコントラストが痛々しく感じられます。
流木や泥に浸かった家の洗浄作業はほんとうに大変ですが、
まだ排水が整っていないエリアでは本格的な清掃作業にかかれず、
家のまわりの土や、床の下の泥を運び出す作業が行われているところ。
もうしばらくしたら家財の洗浄の作業に移っていくだろうとのことでした。
電気や水道の復旧もようやくといったところです。
また、同地区の杷木中学校武道場には、
まだ百数十名の方々が避難生活を送っておられます。
子どもさんのおられる方などは
親戚のお宅に身を寄せておられる方も少なくないようですが、
いずれにせよ、すでに3週間に及んでいる避難生活に、
みなさん疲れを見せはじめておられるとのこと。
九キ災では、支援の活動のために募金とボランティアを募集しています。
現在は、日田福音キリスト教会の関係の方から提供された
同市の一軒家を日田ベースとして使用しており、
20人くらいのボランティアさんが寝泊まりできるスペースがあります。
前日までに、メールや電話などで問い合わせれば宿泊も可能。
作業は、日田ベースで7時半からミーティング、8時出発。
直接現地に向かう方はミニストップ杷木インター店の駐車場に8時半に集合。
そこから近隣の現場に別れて作業をし、
3時に再度集合して銭湯で入浴後、
5時に日田ベースで報告会、という流れになります。
 
酷暑ですし、日差しを避けることができ、
かつ汚れることが前提の服装とくつが必須です。
九キ災のこのボランティア活動は
あと2ヶ月ほどは続けられるだろうとのことですから、
関心がおありの方は検索して
九キ災のウェブページ・Facebookをご覧になるか、
以下の九キ災日田ベースに直接お問い合わせ下さい。
 
  連絡先:九キ災日田ベース 日田市竹田新町3-17
   電 話:080-3997-3255
      メール:kcdrc.hita@gmail.com
 
募金
8月末まで 
ゆうちょ銀行 【記号】17450-2【番号】13373361     
     【名義】日本福音ルーテル教会九州教区
(九州北部豪雨支援金と明記)
 9月以降 
ゆうちょ銀行  【記号】17410 【番号】89238981
         【名義】九州キリスト災害支援センター